• ホーム
  • 風俗を利用すると性感染症にかかるリスクが高いというのは本当か

風俗を利用すると性感染症にかかるリスクが高いというのは本当か

近頃でも風俗を利用する男性は少なくありませんが、このようなサービスを利用するときに心配になることのひとつに性感染症にかかるリスクがあげられます。風俗を利用すると性病になるリスクが高まると言われていますが、これは本当なのでしょうか。結論から言うと、性的なサービスを受けることで病気になってしまう確率はかなり高くなってしまいます。注意していても感染してしまうケースもあるので、利用するときには性感染症になってしまう可能性もあるのだとリスクを認識したうえで利用するようにしなければなりません。

風俗を使ったとしてもコンドームなしで膣内に挿入をしなければ大丈夫だと思っている人もいるようですが、この考えは間違いだと言えます。性病の中には性器以外に症状があらわれるものもあり、性器以外の皮膚や粘膜にある患部と接触することで感染してしまうケースがないとは言い切れません。コンドームを用いない挿入を行わなかったとしても病気になる可能性があるので、コンドームさえ使用しておけば安心だという考えは持たないほうが良いでしょう。

オーラルセックスだけであれば問題ないと考えている人もいるようですが、これも間違った考えなので注意が必要です。事前にうがい薬を用いてうがいをしているから大丈夫だろうと勘違いしている男性は多いですが、うがい薬で性病の菌が死滅することはありません。もしも、サービスを行ってくれる人の口内に性病の菌が存在していたら、オーラルセックスを行うことで性器に病気が感染する可能性があるので注意しておきましょう。

定期的に性病検査を受けていることをアピールしている風俗店もありますが、定期的な性病検査を受けていたとしても検査後に感染してしまい、その病気を他のお客さんに広めてしまうケースもあります。このようなケースは少なくないので、性病を行っているからといって絶対に性感染症にならないとは言うことができないでしょう。不特定多数の人を相手にする人と性行為を行うわけですから、どこから感染した病気をもらってしまうか分からないと理解しておくべきだと言えます。

パートナーがいない人やパートナーから風俗の利用を認められている場合は、風俗を自由に利用して良いですが、性感染症になってしまうリスクが高まるということは理解しておかなければなりません。感染のリスクが低そうに見えても、不特定多数の人と性行為を行う人からサービスを受けるのであれば、確実に感染を防ぐということは不可能であることを知ってから利用してください。