• ホーム
  • カーネステンクリームとカーネステン膣錠の違いを把握しておこう

カーネステンクリームとカーネステン膣錠の違いを把握しておこう

カプセルが乗っているスプーン

カーネステンには真菌性の病気に効果的なクロトリマゾールが配合されているので、カンジダ症に高い効果を発揮してくれますが、これにはクリームタイプと膣錠タイプのものが存在しています。カンジダ症を発症したときにカーネステンクリームを選ぶべきか、カーネステン膣錠を選ぶべきか迷ってしまう人は少なくありませんが、これらはどちらを選んでも良いというわけではありません。症状によって使い分けるべきだと言えるので、カーネステンクリームとカーネステン膣錠の違いを知り、正しい治療薬を選択することができるようにしておきましょう。

女性がカンジダ症を発症する場合、膣内に症状があらわれることもあれば外陰部に症状があらわれることもあり、膣内の治療にはカーネステン膣錠、外陰部の治療にはカーネステンクリームを用いるべきだと言われています。クリームタイプは外陰部の皮膚症状の治療を行うことができますが、外陰部に塗布しても膣内まで効果があらわれるということはありません。膣内にも症状があらわれている場合は直接膣内に存在する原因菌に作用する膣錠を用いなければ、しっかりとした治療効果を得ることができないのです。それぞれ症状が見られるところに治療薬を使用することで、高い効果を期待することができます。

カンジダ症に効く医薬品であれば、どの症状にどの医薬品を使っても症状を治すことができると勘違いしている人もいますが、カーネステンクリームやカーネステン膣錠は症状に応じて使い分けることで確実な効果を得ることが可能です。もしも膣内と外陰部の両方に症状があらわれているのであれば、どちらか片方だけを使うのではなく、2種類の薬を併用することが推奨されています。これは医者や製薬メーカーが推奨している薬の使用方法であり、併用したからといって何か問題が起こることはないので安心して使って良いです。カーネステンクリームとカーネステン膣錠のどちらかだけを利用すると、症状が改善されない可能性があるので注意しておきましょう。

同じ成分を含んでいる治療薬なのでどちらも同じ効果が得られると思っていた人もいるかもしれませんが、カーネステンクリームとカーネステン膣錠は症状が見られる場所によって使い分ける必要があります。それぞれどの場所に使用するものなのかという違いを知っておき、カンジダ症を発症したときには正しく治療薬を選択することができるようにしておきましょう。