• ホーム
  • カンジダに感染してしまう原因として多いのは何なのかを知っておこう

カンジダに感染してしまう原因として多いのは何なのかを知っておこう

危険なウィルス

カンジダは特に女性が発症することの多い病気だと言えますが、発症するリスクを軽減するためにはこの病気に感染してしまう原因を知っておくことが大切だと言えます。主に自己感染と性行為によって感染するとされていますが、女性の発症理由で最も多いものは自己感染によるものだと言えるでしょう。カンジダの原因菌は体内にもともと存在している菌なので、性行為などで病気を移されることがないとしても、勝手に発症してしまうことがあるのです。そのため、性行為を行っていないとしても体内にいる常在菌が異常に増えることでカンジダに感染してしまうケースが非常に多いと言えます。

女性の性器周辺は清潔に保とうと努力していても、身体の構造の関係で常に清潔な状態に保つことは難しいです。それだけではなく、女性は生理などが原因でホルモンバランスの乱れが起こりやすいという問題を抱えています。性器周辺が不衛生な状態であったり、ホルモンバランスの乱れが起こったりすると常在菌が異常増殖しやすくなるので、これらの問題が起こりやすい女性は自己感染によってこの感染症を発症することが非常に多いと言えるでしょう。カンジダを発症する原因には免疫力の低下やストレスの蓄積もあげられますが、近頃の女性は働きすぎなどが原因で身体に大きな負担がかかっている人も少なくありません。特に忙しい女性は免疫力や抵抗力が弱まりやすかったり、ストレスによる疲労が溜まりやすかったりするので、その影響で自己感染してしまうことが多いです。

もちろん性行為によるカンジダ症の発症も少なくないので、カンジダ症を患っている男性と性行為を行わないように気をつけておかなければなりません。これは女性に多い病気なので男性の性器に症状があらわれることはないと勘違いしている人もいますが、男性の亀頭にもカンジダ症は発症するので、亀頭にカンジダ症を発症している男性と性行為をしないように注意しておくことが大切だと言えます。

感染する原因として最も多いものは、体内に存在している常在菌が異常に増えてしまうことによる自己感染だと言えるでしょう。自己感染で発症することを知らなければ疲労やストレスを溜めこんでカンジダ症を発症しやすい状態のまま生活してしまう女性もいるはずなので、免疫力の低下などが理由で自己感染することを理解しておいてください。免疫力が低下しないようにしたりストレスを蓄積させないようにしたりすることで発症しにくくなるので、病気が起こる原因を知りしっかりと予防しておくことが大切です。